患者様一人一人に対してのきめ細やかな診察を心がけています。

患者様一人一人に対してのきめ細やかな診察を心がけています。
トップページ > 診療内容

診療内容

主な病名とその症状

耳の病気

耳が痛い・・・急性中耳炎、急性外耳道炎
耳が聞こえない・・・突発性難聴、滲出性中耳炎
耳が痒い・・・耳垢、湿疹

鼻の病気

鼻がつまる、鼻水が出る・・・アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)

のどの病気

喉が痛い・・・急性咽喉頭炎(風邪)、扁桃腺炎
喉の塞がった感じ・・・喉頭蓋炎、咽喉頭異常感症
声が枯れる・・・声帯結節、声帯ポリープ、喉頭癌

その他の病気

めまい(メニエール病、突発性難聴など耳が原因で起きるものもあります)、いびき

耳の診察

聴力検査はもちろん、鼓膜の動きを計測できる機械もあります。小児の滲出性中耳炎(痛くはないのですが聞こえは悪いので聞き返しが多くなります。)もすぐ わかります。

鼻の診察

アレルギー性鼻炎の対策はまず予防です。自分が何のアレルギーなのかを知っておきましょう。当院で採血による確定検査ができます。副鼻腔炎(昔でいう蓄膿症)ではすぐ手術まで行くことはそうありません。今は薬も良くなりましたので内服と鼻処置で治る人がほとんどです。

のどの診察

風邪と違って高熱が出て喉の痛くなる扁桃腺炎は抗生物質を飲まないとよくなりません。ぶり返すのもこの病気の特徴です。
声枯れの治らない方には声帯がどうなっているのか喉頭ファイバースコープで見ることもできます。

上咽頭擦過療法について

上咽頭処置という上咽頭への塩化亜鉛の塗布も行っています(通称 bスポット治療)これまでもご希望の方には行っていましたが、難治性のさまざまな病気がこの処置を続けることで軽快することがあります。少々痛いというかしみるのですが、原因のわからない不調でお困りの方はお試しいただく価値があると思います。この処置について詳しく書いた本が発売されましたのでご紹介します。このページの右上に載せましたが『慢性上咽頭円を治しなさい』堀田修 医学博士著 当院にも置いてありますので手に取ってぜひお読みください。